庭の手入れは業者に任せよう

庭木の剪定や草むしり、間伐など庭を管理していくためには面倒な作業がたくさんあります。めんどくさい作業は、業者に任せることで、自分は他の作業を行うことができるので、時間効率がいいです。業者を利用した場合と自分で行う場合を比較していきます。

庭の手入れを自分で行う場合と業者を利用した時の比較

業者を利用した時

業者はこれまでに多くの現場をこなしてきています。なので、仕上がりや作業の早さは、自分で行う場合より圧倒的に優れているでしょう。ですが、その分利用するお金が掛かってしまいます。

自分で行う場合

自分で行う場合は、必要な器具などを揃えないといけません。また、仕上がりも業者に依頼するより上手く仕上がることはないでしょう。ですが、自分で庭の手入れをすることにより愛着が湧きます。お金も掛からないので費用は安く済むでしょう。

大きな植物は手入れも大変

樹木などの剪定作業はとても大変です。ですが、綺麗な景観を維持していくためには必要になる作業です。最近は面倒な作業が少ない多肉植物が流行っています。ここからはおすすめの多肉植物を紹介していきます。

おすすめの多肉植物

部屋

エケベリア

葉の形がとても綺麗で、エケベリアに癒されている人が続出しています。基本的に背丈が小さく、花のような形になっているので、とてもかわいらしい姿を楽しめます。

セダム

ぷっくりと膨らんだ棒状の葉が特徴の多肉植物です。さまざまな色が存在しているので、自分好みのものを探すことができるでしょう。

クラッスラ

クラッスラという名前は、ギリシャ語で厚いという意味で、とても厚みのある葉が特徴の植物です。クラッスラの一種に金なる木がありますが、昔から日本で楽しまれているので見たことある方も多いでしょう。

カランコエ

ひとつひとつの葉が大きく、葉の周りに産毛が生えている特徴があります。白い産毛に包まれた姿はとても幻想的で癒されること間違いないでしょう。鉢植えとしても人気が高いです。

[PR]
多肉植物の育て方をチェック
置き場所などを事前に確認できちゃう

多肉植物の育て方やおすすめの品種を確認しよう

観葉植物

多肉植物の特徴

多肉植物とは、乾燥した地域に適応するために、葉・茎・根などに水分を蓄えられるように進化した植物のことです。見た目が特徴的で、他の植物とは一味違う魅力があり、現在プチブームになっています。

観葉植物

世話がとにかく楽

植物と言えば、水やりが必須になりますが、毎日水をあげるのは意外に大変です。ですが、多肉植物は乾燥に強く出来ているので、水分が少なくても枯れずに生きていくことができます。旅行で数日間家を空けていたとしても枯れることなく綺麗な姿で迎えてくれます。

部屋

基本的な育て方

育て方が簡単な多肉植物ですが、気を付けなければいけない点がひとつあります。それは、水のあげすぎです。種類によって適切な水分量が決まっているので、必ず確認するようにしましょう。乾燥に強い反面水をあげすぎると枯れる原因になってしまうので注意しましょう。

[PR]
草むしりで困らないで!
サポート・サービスが充実♪

[PR]
庭木の剪定依頼は業者へ
スピーディーな対応が話題に

[PR]
間伐サービスまとめ
庭の手入れに手間暇かけない

広告募集中