間伐をするメリットやデメリットを知りましょう

増えている間伐依頼

林業の中でも、依頼が増えている間伐は、さまざまなメリットやデメリットがあります。健全な森林にするためには、間伐が必要と考えている方が大勢います。なので、ここからは間伐のメリットとデメリットをまとめていきます。

間伐を行うメリット・デメリット

伐採

太陽光が根元まであたる

間伐をすることで、太陽光がしっかりと根本まで届きます。なので、木はしっかりと生長していくことが可能です。また、木以外の植物も生長していくことが可能になり、自然豊かな森林になります。

涵養機能を保てる

太陽光が当たると、木は生長するためにしっかりと根を張ります。そうすることにより、川へと水を還元してくれる涵養機能がしっかりと機能してくれます。間伐を行わないと、川へ還元される水の量はとても少なくなります。

木が太くなり年輪が均一になる

間伐をすることで、余裕のあるスペースができます。そうすると、木は縦だけではなく横へも生長していきます。木がしっかりと太くなり、均一な年輪ができます。太くしっかりとした木は、高級木材として取り扱われます。とても貴重な存在なので、高値で取引されています。

間伐材の利用方法が少ない

一昔前まで、間伐によって出た間伐材は、割り箸や工事現場の足場として利用されていました。ですが、最近では外国産の安い木材が利用されるようになったので、間伐材の利用方法がなくなりつつあります。

間伐材が売れない

利用方法がないということは、買い手がいないということです。せっかく木材があるのに買い手がいないとなると捨てるしかありません。ですが、最近では間伐材を利用して住宅を作るという研究がおこなわれているので、この問題はもう少ししたら解決するかもしれません。

間伐をするメリットやデメリットを知りましょう

伐採

間伐の必要性

間伐を行うことで、木がよく育つというメリットを紹介しました。では、間伐をしないとどのような森林になってしまうのでしょうか。基本的に木を植林する時は、自然界ではありえない程の狭い間隔で植えられています。

チェーンソー

密集して成長した木

狭い間隔で植えられた木は、横に生長することができません。なので、縦に縦に生長していきます。通常より細長い形になっていきます。そうなってしまうと、生長していく途中で折れてしまったり、育たなくなってしまいます。

丸太

土砂崩れの危険性

十分に生長ができていないということは、根をしっかりと張れていないということになります。そうなると土の表面部分にだけ重さが掛かっているので、土砂崩れが起きやすくなってしまいます。少しの雨などでも高い危険性が出てくるので注意が必要になります。

間伐や伐採を行った方の感想

木材

庭の整備のために 40代男性

庭を整備するという目的で、生えていた古い木を伐採してもらいました。利用した業者はネットで安いところを探して選んだので、近所の業者を利用するより安く済みました。

スペースの確保 50代女性

駐車場の裏に木が数本生えており、娘が新しく購入した車が入りませんでした。なので、不要な木を全て伐採してもらいました。思っていたよりも対応が早くとても助かりました。

裏庭の間伐 30代男性

実家の裏庭に果樹園がありますが、木が密集して過ぎていたので間伐を依頼しました。あまり切りすぎても土砂災害に繋がってしまうので、業者の方と話し合いながら決めました。

親切な対応に感動した 20代男性

所有している山の間伐を親に代わって依頼しました。間伐を依頼するのは初めてで、分からないことだらけでしたが、業者の方が丁寧に説明してくれたので、特に問題が起こることもなくできました。

折れそうな木 40代女性

敷地内に生えている背の高い木の、枝の一部が腐ってしまい今にも折れて落ちてきそうでした。けが人が出る前に処理しておこうと思い伐採を依頼しました。枝のみの伐採だったので、作業員の方が高い位置まで登られて、すごいと思いました。また機会があれば利用したいです。

広告募集中